医者

大腸がんの治療

手術による治療

先生

大腸がんの治療は手術により切除する事が基本となります。
早期のステージにおいても必要となるケースもあります。

大腸がんの中でも直腸がんの場合はがんが骨盤の深い部分にあるケースが多く、非常に狭い部分での手術となることがあります。
周辺には筋肉や神経がありますが、切除範囲に含まれる事によって一緒に切除されるカタチになります。
結果的に排便機能や性機能が失われる事も珍しくなく、その際には人工肛門の設置などで対応します。
また、消化機能の弱体化などを伴うこともあり、術後について食事制限等は原則的にはありませんが一定の調整が必要になります。


放射線治療

放射線での治療は早期の対応に適しております。
放射線を照射する事によってがんを小さくする効果が確認されており、ステージによってはこの治療法、もしくは他の治療と併用して行われます。
放射線は細胞の活動を抑制する効果などがあるため、がん細胞だけではなく通常の健康な細胞に影響を与える可能性もあります。

化学療法

化学療法は根治がメインではなく、手術や放射線治療が困難な場合に選択されるケースがあります。
再発防止の予防としても活用され、主に抗ガン剤などの投与がメインとなります。
医薬品の開発は日々進化しており、いつか特効薬が出来るかもしれませんね。

Copyright ©2015 大腸がんを知って克服しよう!【健康一番館】 All Rights Reserved.

DESIGN BY FCT.